堺咲花病院の眼科は、眼科領域の総合的な診察ができると好評。眼科では、昨年10月から毎週火曜に近畿大学病院眼科医師で日本眼科学会専門医の眞野福太郎医師の診察がスタート。今年4月から、これまで大きな総合病院でしか受けることができなかった治療が始まっている。

 治療可能になったのは、抗血管内皮増殖因子薬の「硝子体注射」。網膜の中心部分で、物を見るのに最も大事な黄斑部にたまった浮腫(むくみ)を軽減する治療。視力を維持・回復させる効果がある。局所麻酔で、日帰りで治療できる。

 同眼科では視力測定、眼圧測定はもちろん、光干渉断層計(OCT)による詳細な眼底検査、視野検査(予約)、色覚検査、眼鏡処方(予約)などの眼科検査のほか、必要に応じて全身のCTやMRIも実施。また糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などに対するレーザー治療や後発白内障に対するレーザー手術も。

 咲花病院(和泉市)や近畿大学病院との連携も。同眼科は紹介状のない人も当日に外来受診可能。眼科診療は毎週火・水・土曜9時~12時(受け付けは8時~)。眞野医師の担当は火曜日で、14時~16時半に午後診も(受け付けは13時〜)。問い合わせ=堺咲花病院072・295・8833

店名堺咲花病院
営業時間診療は毎週火・水・土曜9:00~12:00(受け付けは8:00)
住所大阪府堺市南区原山台2丁7番1号
電話072-295-8833

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です