月1回開催の マルシェで 

 手作りパンや、ハンド メイド雑貨が並ぶ「まちいえマルシェ」が、「まちいえ高倉台」(高倉台4丁)で月に1回開かれて いる。販売されるのは、パン教室の先生による品や、天然酵母にこだわり焼き上げたパンなど。5月からスタートしたマルシェは、近隣の人たちからも喜ばれている。

 「まちいえ高倉台」は、使われていない家やスペースを、使いたい人に活用してもらおうと活動している市民団体「Share space まちいえ」が管理する一戸建て住宅。その一角のキッチンは、「まちいえきっちんplus」として菓子製
造と飲食営業の許可を堺市保健所から受けている。

 6月20日〜22日に開かれたマルシェでは、上神谷米で育てた酒種酵母の食パンや、ドイツの伝統的製法のライ麦パンなどを販売した。自宅でパン教室「ほっこり」を開いている田村ゆみさん(城山台1丁)は、「ここでの販売は、お客さんの生の声を聞けることなどで、良い勉強になり楽しい」と。次回開催は7月17日。問い合わせは、まちいえ事務局080・5787・1177

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です