泉北陣内病院(豊田)脳脊髄外科では、脊髄外科認定医の鷹羽良平氏と、総院長で日本脊髄外科学会指導医の岩月幸一氏と共に脳脊髄から起こる腰痛や手のしびれ、歩きにくさなどの症状を改善する治療を行っている。これまで長期間の安静しか治療方法がなかった脊椎圧迫骨折を小さい手術で人工的に接合する治療・経皮的椎体形成術(BKP)を昨年4月から導入。激痛から解放されたと患者から喜ばれている。

 BKP治療は、背中に約1センチメートルの切開を2か所加え、細い針を挿入し行う低侵襲(身体への負担が少ない)治療で、手術翌日から飲食や食事、歩行も可能。鷹羽氏は「患者さんの話を聞き、ベストな治療をします。このような治療を行っていることを地域の人に知ってほしい」と。同医師の外来は毎週金曜9時~12時。紹介状がなくても可。

店名泉北陣内病院
住所大阪府堺市南区豊田40番地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です