堺咲花病院(原山台2丁)の一般内科外来に10月16日、脳神経内科専門の柳本論志さんが常勤医師として着任。脳神経内科の専門的治療が必要な患者への診察が始まっている。

 脳神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気が取り扱われ、厚生労働省から難病に指定されている疾患が多く含まれる。「神経変性疾患」のパーキンソン病や脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)・アルツハイマー病などや、「免疫性神経疾患」の重症筋無力症、多発性筋炎、ギラン・バレー症候群なども同科が専門。

 柳本医師は、これまで大学病院で多くの診察を経験。「頭痛やしびれ、めまいなどの症状に気が付かれた方は早めに気軽に受診ください。今は薬の開発が進み、免疫性疾患は治る病気とされています。患者様とご家族の声をよく聞きながら、最新の治療に取り組んでいきます」と。

 柳本医師の診察曜日は、月~木曜。予約無しで受診可能。同病院の診療受け付け時間は8時~12時、13時~16時半、夜間診療17時~20時。堺咲花病院072・295・8833

あなたにおすすめの記事