10月19日、狭山池博物館で合唱団「オパーレ」による「虹色に輝くオパーレの響き/夢を抱いて輝き始めた原石達」が上演された。

 オパーレは大阪狭山市の中学生4人と大学生2人による合唱団。まずは中学生の仲良し4人組による合唱。最初は緊張した表情だったが、徐々に表情も明るくなり「やさしさに包まれたなら」など伸びやかなハーモニーを聞かせた。

 そして大学生の小山紗和さんはピアノで弾き歌いを。特に注目を浴びたのは、小山さん自ら作詞作曲した「幸せのカード」。この曲は、頑張る全ての人への応援歌。「人生つらいことばかりじゃない。前を向いて歩いていこう」の歌詞に、思わず涙する観客も。

 大阪音楽大学の声楽科に通う新山瑞貴さんは、薄いピンクのドレスを身にまとい、オペラ曲などを披露。圧巻の歌声に「ブラボー!」の声も上がった。最後は来場者全員で「ふるさと」を歌い、ステージを終えた。

 今回初めて自分達で企画・演奏・司会進行などを行い、約1時間半の舞台を作り上げたオパーレだが「思うようにできなかった。まだまだです」と自己評価は厳しい。だが、来場者は「楽しかった」「感動した」と好評。オパーレは今後も学業と両立させながら舞台に挑戦するという。輝き始めた原石達のこれからの活躍が楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です