花見シーズンを迎え、飲酒事故を防止するため、府警は、府下の公園やレジャー施設付近など行楽地で、飲酒運転の取り締まりを実施、土日の昼間に検問を行う。「お酒を飲んだら①代行運転を頼む②車を駐車場に置いて公共交通機関で帰宅し後日取りに行く③ハンドルキーパー(車を運転するため酒を飲まない人)を決める④車で行かない。を徹底し、飲酒による事故防止に努めてほしい。」と和泉署交通課。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です