地域とつながる体験で成長

 藤沢台団地の遊歩道で8月24日、リボン通り子ども夏祭りが開かれた。地域の団体などが模擬店を連ね、子どもみこしやビンゴ大会などで夜遅くまでにぎわった。雨予報のため提灯の点灯は中止された。

 藤陽中の創作工芸部は、模擬店でミルクせんべいを販売。プラカード片手に呼び込む生徒に引かれて、お祭り気分の子どもたちが列をなした。同部顧問の高畠登美子さんは「事前に地域とつながる意義を話し合った。楽しい・お金もうけだけではない、他の人と一緒に成し遂げる体験で成長してくれれば」と。

 今年から、地元店舗である興和ハウジング・センダデンキの協力を得て、常設の電源ポールが設置された。これまでは開催の度に申請や電気工事が必要だったが、簡素化されて地域の人たちに好評だという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です