自宅の書斎の窓から、ふと見ると「人が空に浮いて」いました。エッとびっくりして、よく見ると、赤坂台中学校の体育館の屋根のペンキ塗り替えの職人さんでした。よくもまあ、あんな高いところに命綱なしで作業できるもんだなと感心してしまいました。地上から何メートルある高さなのかと思いました。職人さんの度胸に拍手です……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です