初芝富田林高校1年生の西尾美憲さんが、10月2日の全校集会で、JR堺市駅の踏切内で転倒しケガをした女性を救助した功績で、堺市駅長から表彰状を受け取った。

 西尾さんは7月20日の下校時に、自転車に乗って踏切を渡っていた高齢の女性が、タイヤを踏切の溝に挟み、転倒して意識を失っているのを発見。すかさず非常ボタンを押して、側にいた旅行客の20代男性と一緒に助け出し、119番に通報した。女性は頭を10針も縫う重傷だった。

 西尾さんは、剣道部に所属。クラスでも学級委員を務めるなど、率先して行動するタイプ。日頃から、自転車で踏切内を横断中に、溝にタイヤが挟まる人を見ていて、危ないなと思っていた。「父親からは、今回の人命救助は素晴らしいことなので、誇りを持ちなさいと言われました。将来は助産師になって、人助けをしていきたい」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です