11月20日=南区の住民ですが、あまりにもネガティヴ記事が多すぎる感がします。北摂と比べかなり落ちる。同じ是川銀蔵氏がニュータウンを立ち上げ、これだけ差がつくとは思いませんでした。泉北高速鉄道と地下鉄、中百舌鳥との導線の悪さもある。地域住民の発展の要素は居職住で学校・買い物・医療・環境です。近大医学部や病院が泉ヶ丘に来ることで、人口増は間違いないでしょう。ホテル も必要になります。堺市の税収は上がります。プールは7月と8月しか機能しませんでした。病院は365日機能します。結局、泉北ニュータウンの南区は特に、他の区もシナジー効果が有るでしょう。ネガティヴ論者に明日はありません。批判するなら立案、対案をお願いします--とメールで。

 


◎近大移転を歓迎している方も多くいらっしゃる方ことは存じております。

ただ、近大移転については、府や市の公有地売却を決めるまでの意志決定の過程が不透明で、土地売却や病院開設の許可のプロセスも強引だと思っています。まさに、森友学園や加計学園の問題の際に指摘された「行政がゆがめられた」という問題が、ここでも起きたのだというのが、本紙のスタンスです。これは、近大の問題ではなく、府政や市政の問題です。

もちろん、近大移転については、偏ることなく情報を読者に伝えたいと思っています。ところが、堺市からも近大からの具体的なポジティブな情報発信がありません。「健康長寿」などと抽象的なものはありますが、具体的な街づくりのビジョンなどはまだです。

近大の関係者にも「前向きな情報発信をして、市民の議論の材料を提供してほしい」という話もしています。そのような発表があれば、もちろん、紙面で伝えます。

もし、近大移転に賛成し、期待しているというのであれば、賛成の方々も具体的な情報発信を市や近大に求めてはいかがでしょうか?(記者・山本裕)