当初、ビッグバン裏を

 近畿大学医学部と附属病院の泉ケ丘駅前への移転について、堺市が2013年7月に近大から協力を求められた直後、市独自でシミュレーションを行い、ビッグバン南側の府有地を予定地とした場合の事業費を試算していたことが分かった。試算では、ビッグバン裏の府有地と現在の予定である田園公園周辺のどちらでも、整備費用は大きく変わらなかったが、実際には市の検討内容は、近大との協議に全く活用されなかった。

 

詳しくは2月7日号の泉北コミュニティ本誌で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です