高尾の「新日本工機(株)」は、堺市の依頼を受け、社会的貢献活動(CSR活動)の一環として一昨年より献血活動を開始した。血液が特に不足する7月と12月の年2回、移動献血車がやって来て2日間にわたり献血を実施している。同社はポスターやチラシを活用して献血活動の啓発に取り組み、近隣の企業や自治会にも協力を依頼している。

 令和元年7月の開催は、新日本工機と浪速工作所、片木合成化学、ロードパッケージ白賀との合同開催となり、多くの賛同者が仕事の合間や時間を作って400ミリリットル献血活動に参加した。年間参加者は延べ200人を超える。一社だけではなく、複数の企業、自治体が共に協力し合同で献血活動を実施する例は他になく、昨年には日本赤十字社から感謝表彰を受けた。

 「善意の輪、献血の輪が少しでも広がっていけば」と新日本工機の廣畑さん。輸血を必要とする多くの人が救われるよう、献血活動を今後も行っていく。

店名新日本工機(株)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です