「ドーンドーン」と力強い和太鼓の低音が体の芯まで響く。背筋を伸ばし、全身のバネを使って「城山台」と刻まれた和太鼓を演奏するのは「城山台ふるさと民芸塾鼓葉」。堺市まちづくり支援事業として12年9月から3年間活動し、現在は有志を中心に地域の祭りやイベントにひっぱりだこ。

 「子供達にふるさと意識を持ってほしい、日本の伝統芸能の和太鼓とよさこい踊りを習得して日本文化を学んでほしい」と発足当時の思いはそのまま。しかし昨年の南区ふれあいまつりでは、ドラムやパーカッションなどと一緒に演奏し、新しいことにも挑戦中。

 取材日は鶴見区のイベントに向けて「ぶちあわせ太鼓」を、角芳子さん(城山台)・西由美子さん(同)・吉田有希さん(内田町)が競 い合う様に激しく打ちあい、練習を重ねた。特に和太鼓に魅了されドラムから転身した高校2年生の吉田さんは、豪快でキレのある音色で演奏をリードした。「プロ奏者に新曲を指導してもらっています。心を映す和太鼓をみんなで楽しみましょう。いつでもどなたでも、たたきに来てください」とメンバー。

 日曜の午後(月2〜3回)、城山台小で。入会金千円、月会費大人千円、子供無料。 小学3年から。他地域も可。 瀬尾さん090・7766・1922

(記者・冨尾)

瀬尾さん ・ 090‐7766‐1922

城山台ふるさと民芸塾 鼓葉

活動場所城山台小
活動日時日曜の午後(月2〜3回)
月会費月会費大人千円、子供無料
入会金入会金千円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です