栂や光明池も

 泉北高速鉄道の中百舌鳥駅から和泉中央駅5駅の1日平均乗降者数の18年度トップは、4万人を超える泉ケ丘駅だった。

 泉ケ丘駅は4万811人。次いで中百舌鳥駅3万9778人(泉北高速鉄道線のみ利用)。和泉中央駅で3万3206人、光明池駅が3万453人、深井駅は2万5811人、栂・美木多駅が1万9488人の順。ちなみに中百舌鳥駅の南海電鉄利用客を合わせると6万2655人で堺東駅の5万9855人を上回っている。

 泉ケ丘駅から和泉中央駅区間の前年度との増減は、泉ケ丘駅0・9%減、栂・美木多駅0・9%減、光明池駅0・9%減、和泉中央駅のみ1・0%増だった。

光明池のトイレ改修

 光明池駅では、改札内トイレを5月13日から6月5日まで改修。和式便器の洋式化、無水小便器の有水化などが行われた。また、和泉中央駅はリニューアル工事中だ。改札口及び駅窓口の移転に伴い現在、コンコースの一部が閉鎖されている。移転時期は7月下旬を予定。 

1件のコメント

  • デンスケ :

    18年度の泉ケ丘駅の1日平均乗降者数は4万811人とのことですが、近大医学部病院が三原台に移転した場合の平均乗降者数はどれくらいと想定されているのでしょうか。
    現在所在地(大阪狭山市)への交通手段は路線バスの輸送力で対応できる程度の乗客数であり、三原台に移転しても大幅な泉ヶ丘駅の乗降者数の伸びには成らないのではと思っています。
    昼間の閑散時間帯をを近大病院が補うことは理解できるので、何か想定数字があれば知りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です