若松台近隣センターの「薬局白十字」072・296・8001で、8日「第21回まちかどライブラリー」が開催された。

 ある日突然家族が認知症と言われたら…。若年性認知症の人と家族と地域の支え合いの会「希望の灯り」のメンバーの曽根勝さんは、そのような体験をした一人だ。ある1冊の本に出会えたことで、前向きになれた。自らの経験を踏まえ、若年性認知症の人や家族が「読んで心が元気になる本」を選び、紹介。

 地域の人の役に立てればと「薬局白十字」の佐野さん、「希望の灯り」代表の下薗さん、曽根勝さんが一丸となり、「まちかどライブラリー」の活動を行っている。本を通じて交流の場が持たれ、情報交換も。次回は2月12日10時半〜11時半。第3木曜は御池台地域会館でも。問い合わせは、薬局白十字、または下薗さん072・293・4800(特別養護老人ホーム「年輪」)

店名薬局白十字
電話072-296-8001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です