フィリピン先住民を迎えて

 16日1時〜4時半、桃山学院大学で桃山学院大学国際教養学部開設10周年記念シンポジウム「アジアの先住民族と人権/フィリピン ママヌワ族の方をお招きして」が開催される。講師はセントポール大学教授ラリー・ディロ氏。特別ゲストにママヌワ族(フィリピン南部ミンダナオ島北部の山岳地帯の先住狩猟採集民)リーダーのカイン・フクマン氏を迎え、世界の先住民が抱えている問題を考えると共に、現代文明を相対化してその未来について考える。2号館2−202教室で。参加費無料、事前申込み不要。0725・54・3131

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です