府営・府公社・URは、高層住宅以外すべて5階建てだ。だが、数ある棟の中で1棟だけ4階建てがある。なぜ、4階建てなのか、誰も知らない。

 4階建てがあるのは竹城台3丁府営団地の1の11棟。泉北高速が開通する前年、1970年に完成した。今からちょうど50年前。当時は三原台・若松台・茶山台で建築ラッシュだったせいで、5階建てのつもりがうっかり4階建てになってしまったという笑い話が入所者に広まっている。「いや、セメントが足らなくなったから4階建てにしたんや」と、まことしやかなデマも。戸数が決まっていたので、4階にせざるを得なかったというのが、今のところもっともらしい理由だ。なお、この団地は近く取り壊す計画である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です