5月26日、いずみがおか広場で南河内スプリングフェスティバルが開催され、8校の高校軽音楽部が一堂に会した。初夏の様に爽やかな一日で、多くの観客が会場を訪れた。

 高校生達は地域の人に喜んでもらいたいという視点で選曲し、ノリノリで演奏していたため、「懐かしい!今の子がこんな曲よく知ってるなぁ」「この曲、テレビでよく聞くヤツや」と、観客からの反応は上々。

 南河内スプリングフェスティバルは4月14日に開催される予定だったが、その日は悪天候のため中止に。泉北高校教員の池ノ上大輔さんは「南海電鉄さんの御好意で、今回いずみがおか広場で開催することができました。好天に恵まれて、最高のステージでした。心を込めて演奏していたので、たくさんの方が耳を傾けて下さいました。中には『泉北コミュニティで読んだよ。また次も聴くからね』と声を掛けて下さる方も。これからもフェスを続けて、泉北の街と一体になって盛り上がっていければと思います」と語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です