新型コロナウイルス、12月の新規感染者数は、堺市681人、和泉市173人、大阪狭山市40人、富田林市86人、河内長野市78人。11月より更に増加し、ほとんどの地域が過去最多。

 また堺市では、新たに7人の死亡が確認された。
 
 12月末までの、累計感染者数は、堺市1967人、和泉市430人、大阪狭山市123人、富田林市208人、河内長野市183人。重症・死亡は、60代以上で、初めは軽症や無症状から、悪化し死亡する例も多い。

堺では半数が経路不明

 堺市の12月の新規感染者のうち、最も多いのは20代で、106人。次いで50代が101人。また、40代98人、70
代94人、30代92人と幅広い年代で、感染が拡大している。また感染経路不明者が、334人とほぼ半数を占める。

 大阪府では、11月16日以降、新規感染者の情報を公開していないが、堺市では週に一度、ホームページにまとめて掲載されている。

河内長野は前月の2.5倍増

 前月と比べ、大阪狭山市はほぼ同じだが、河内長野市では約2・5倍と過去最高に。富田林市でも、約20人増加した。また、堺市では、新たに7人の死亡が確認された。

 12月末までの累計感染者数は、堺市1967人、和泉市430人、大阪狭山市123人、富田林市208人、河内長野市183人。重症・死亡は、60代以上で、初めは軽症や無症状から、悪化し死亡する例も多い。

 

#堺市 #和泉市 #大阪狭山市 #富田林市 #河内長野市 #新型コロナウイルス感染症 #感染者数推移 #年代別 #累計

あなたにおすすめの記事