君が代の歌碑も新たに

 美多彌神社(鴨谷台)の手水舎前にさざれ石の区画が新たに設けられた。「君が代」の歌碑、岐阜県揖斐郡(いびぐん)産角礫岩(かくれきがん)、熊本県山鹿市産変(はんれい)岩、由来を解説した説明板からなる。

 君が代は古今和歌集の詠み人知らずの和歌で、さざれ石は小さな石という意味。君が代の「さざれ石の巌となりて」はその様を詠んだものと言われている。

 美多彌神社代表役員の豊島仁史さんは「このさざれ石の区画は皆仲良く、末永く平和にという想いが込められたものです。お参りの際、ぜひご覧下さい」と語った。 

#大阪府 #堺市南区 #鴨谷台 #泉北ニュータウン 

あなたにおすすめの記事