池尻中で、ヨガを指導する武田明子さん(50歳)が、ミセス・コンテストで活躍し、話題を呼んでいる。

 ミセス・コンテストとは、女性の内面からあふれる知性や美を競うコンテストで、既婚者や婚姻歴のある女性を対象としている。

 武田さんは、49歳の時に、女性として肉体的な衰えを感じ、「このままではいけない」と一念発起。食事管理を一から見直し、出場した「ビューティコンテスト・40代部門」で優勝。さらなる高みを目指すべく、世界4大ビューティコンテストである「ミス・アース・ジャパン」のミセス部門に挑戦することを決意。本業であるヨガや趣味のダンスでプロポーションに磨きをかけ、舞台で美しく魅せるためのウォーキング・ポージングの訓練にも打ち込んだ。

 神戸で行われた「ミセス・アース・ジャパン」エメラルド部門(40〜59歳対象)に出場した際には、「ありのままの自分を表現しよう」と、スピーチでは「私は、皆さんを笑顔にする、歩くパワースポットになりたい」とアピール。喝采を浴びた。惜しくも入賞は逃したものの、来場者から〝パワースポットの人〞と呼ばれ、「感動した」「幸せそうな笑顔が素敵だった」と、次々に声を掛けられた。

 「私は、ステージに立つことが本当に好き。新しい自分を発見できた」と、武田さん。「これからも、いろいろな形で、たくさんの人に元気と笑顔を届けたい」と、目を輝かせた。 

#大阪狭山市

あなたにおすすめの記事