アクロスモールで展示

 堺市南消防署主催「第42回小学生防火絵画展」に応募された533点の作品から、最優秀賞に選ばれたのは、三原台小学校5年の石原帆舵君。今年の表彰式は中止となったため、三原台小学校校長室にて、南消防署阪下署長から、賞状と記念品が贈呈された。

 石原君は、延期になったオリンピックに思いを込め、今回の題材にした。大好きなサッカーチーム、セレッソ大阪のメインカラーを文字に取り入れ、5つの火災原因はネットで調べた。五輪の中に絵を描くのが難しかったそう。
 「絵で賞をもらうのは2回目でうれしい。担任の先生の教え方がわかりやすく、うまく描けた」と話す。
 堺市教育委員会坂口指導主事、南防災協会村上会長、南消防署署長などが審査。石原君の作品は、全員一致で決定した。

 優良賞50作品(優秀7作品含む)は、11月1日まで、アクロスモール2階で展示中。また、優秀7作品は、11月9日〜12日、南区役所ロビーで展示。今後防火ポスターとして、火災予防を呼び掛ける。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です