堺市では例年、蚊取り線香による火災が2件程発生している。原因は、使用方法の誤りや不注意から発生しているものが大半。また、意外と知られていないが、蚊取り線香を、二重巻きの状態で火をつけて放置すると、火災に発展する場合がある。堺市消防局で行われた「二重巻きの蚊取り線香の燃焼実験」では、二重巻きの状態で火をつけると、途中で複数に分裂して燃焼し、取り付け方によっては、火のついた部分が落下し、火災に発展する。また、蚊取り線香の先端に、炎が上がった状態で放置すると、やがて大きな炎に変わり大変危険。「蚊取り線香は、使用上の注意をよく読み、誤った使用をしないようご注意を。また、使用中は放置せず、火のもとには十分注意してください」と南消防署予防課。