市とオリックス提携 2軍戦や高校予選も

 今年3月に、原池公園野球場がオープンするのに伴い、堺市とプロ野球のオリックス・バファローズは16日、野球場の活用やスポーツの普及を図るため、連携協定を締結した。オリックスは今後、同球場で年間2試合程度の2軍公式戦や、野球教室などのイベントを開催。3月29日にはオープンイベントとして、福岡ソフトバンク・ホークスとの2軍戦が開かれる。

 宮山台近くの原池公園野球場は約5000人収容で、府南部では最大規模の野球場。約30億円をかけて建設された。球場の命名権を「くら寿司」に売却しており、4月からの名称は「くら寿司スタジアム堺」になる。

 新球場は、オリックスの2軍公式戦のほか、高校野球の府大会などにも使われ、関西独立リーグの堺シュライクスも主催試合で使用する予定になっている。

 協定の提携は16日、堺市役所で行われ、永藤英機市長や球団を運営するオリックス野球クラブの湊通夫社長らが出席。

 湊社長は「南大阪には大きな球場が少なく、原池公園野球場は計画段階から完成を待ち望んでいた。プロの試合を間近で見て、多くの人に野球などスポーツに関心を持ってほしい」と話した。

観戦申し込みは 3月29日の試合は入場無料で定員は3千人。観戦には申し込みが必要。観戦希望者はファクスかメールで、住所・氏名・電話(ファクス)番号・メールアドレス、参加人数を記載のうえ、「オリックス観戦希望」と明記して市スポーツ施設課へ。FAX072・228・7454。メールsposetsu@city.sakai.lg.jp  希望者が多数の場合は抽選。問い合わせは072・228・7567 

1件のコメント

  • ゆうり :

    前日のイベントだと
    元メジャーリーガーの上原さんや
    中村紀洋さんも来るみたいですよ〜。
    見学だけなら申込みは要らないみたいです。
    どうでもいいのですが、読み方は「はらいけ」公園と思ってました。
    「ばらいけ」が正しいんですね。
    https://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/sports/baraikeo-puninngu.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です