残土を運搬するトラックや大型の工事用車両などの通行量が多く、交通事故の危険性が指摘されている南区別所の府道堺かつらぎ線について、市は来年度から、路側帯の拡幅に順次着手する。20年度は大和田橋周辺の拡幅に取りかかる予定で、地権者との協議がまとまり次第、用地を買収し、工事に着手する。

 路側帯の拡幅を行う区間は別所交差点から別所南バス停までの約1・2キロで、道路両側に2メートル以上の路側帯を確保することを目指している。

 別所地区に近い南部丘陵周辺では、土砂埋め立てによる開発が相次いで行われているほか、地区内には建設会社などもあり、日中は土砂を積んだトラックや大型車両がひっきりなしに府道を行き交う。また、和泉市からハーベストの丘方面に抜けるルートとなっていることからマイカーも多い。

 一方で、府道は通学路になっているのにもかかわらず、道が細いうえ路側帯の幅も十分ではないことから、交通事故を心配する声が多く、対策を求める声が以前から市に寄せられていた。

 市もこれまで、府道沿いに防犯カメラを設置するなどの対策を行ってきたが、地元の強い要望を受け、歩行者や自転車ができるだけ安心して通行できるよう路側帯の幅を確保する。

 市は4月以降、地元自治会の協力も得ながら地権者と協議を行い、準備が整った個所から工事に着手していく。

3件のコメント

  • アトス :

    この区間は横に和田川があって川沿いに農道があり、そちらを通れば安全です。
    むしろ、路側帯が必要なのはここより南の峠越え区間でしょう。
    迂回路がありません。

  • タケシ :

    府道にも関わらず全額市税で整備するのでしょうか。それとも、府から何らかの負担金が交付されるのでしょうか。また、府道を市が整備する根拠どのような法令なのでしょうか。

  • シンイチ :

    一般的に府道の管理は大阪府、市町村道は各市町村、というように
    管理・費用の分担が決まっていますが(道路法)、
    堺市は政令指定市なので堺市内の府道は大阪府から移譲されています。
    よって、管理と費用負担はすべて堺市ですね。
    (名前だけの「府道」となります)
    政令指定市になると多くの権限を府から移譲される反面、
    負担も大きくなります。
    道路の改修については一般国道、都道府県道、市町村道とも、
    国からの補助が得られますので全額堺市の負担とはならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です