堺市は、高層マンションや商業施設などの新設が進む栂・美木多駅前について、市民の送迎スペースを設けるなど駅前広場の再整備を行うことを決めた。今年度中にも実施設計を終え、4年後の完成を目指す。

 駅前では、昨年ダイエー栂店と商業施設のガーデンシティ栂が閉店。現在跡地に新しい商業施設と高層マンションの建設が進められており、来年春以降、商業施設のオープンとマンションの入居開始が予定されている。また、堺市は近くの原山公園にプールを開設するなど公園の再整備を進めており、今後、栂・美木多駅の乗降客の増加や周辺交
通量の増加が予想される。このため、駅北側と南側にある駅前広場の再整備を行うことにした。
 
 現在、駅前広場にはバスやタクシー、マイカーの交通区分がなく、送迎の一般車両がバスの運行の妨げになりかねない状況にある。市は送迎専用の停車スペースを設けるなどして、円滑にバスやタクシーが運行できるようにする。

 現在、具体的な整備方法について、バス、タクシー事業者などと協議しており、早ければ、今年度中に実施設計をまとめ、原山公園にプールがオープンする20 年から2年遅れて22年度に完成させる。 

(泉北コミュニティ2018年9月27日号掲載)

 

あなたにおすすめの記事