桃山学院大学が新型コロナウィルス感染症対策で桃山学院大学生への緊急支援策を決定した。

 一律に行うものとしては緊急修学支援金(全員に5万円。5月22日から給付)、学費納付期日の1か月延期など。緊急就学支援金は春学期授業がオンラインで行われるのに伴い、学修・通信環境を整備するのが目的。

 個別事情に合わせた支援としては、①学生支援緊急給付金、家計が急変した学生に対する授業料減免制度枠拡大、下宿費用支援などの経済支援。②遠隔授業を受ける環境整備の一環として、PCやルーターの無償貸し出し(募集は既に終了)、アプリの無料提供など。

 ほかにも、教員採用試験・就職に関する支援について検討していく。それぞれのEメール問い合わせ先一覧は大学ホームページに掲載されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です