当人ら否認 13日の総会で調査

 堺市の議員4人と市幹部4人が緊急事態宣言期間中に、賭け麻雀をしていたという疑惑が持ち上がり、市議会は7月13日議員総会を開いて調査する。名指しされた市議や職員らは、いずれも麻雀に参加したことを否定している。

 発端は、8日の市議会本会議での質疑で、池田克史市議(大阪維新の会)が、「緊急事態宣言期間中だった5月3日に、市議や職員ら8人が集まって賭け麻雀をしていたという情報がある」として、市の対応などを質問。この中で、市議4人の実名を挙げた。

 質問の中で名指しされたのは、南区の信貴良太市議(自民)のほか、木畑匡(中区・堺創志会)・渕上猛志(堺区・同)・西川良平(中区・自民)の各市議。職員は市議会事務局長と議事課長のほか2人だったという。

 参加したとされる8人はいずれも麻雀をしたことを否定。市も調査を行ったが事実を確認できなかったという。

 維新の会は調査の場を設けることを要求し、名指しされた市議らも説明機会を求めたことから、議員総会で調査を行うことになった。

 議員総会は7月13日午前10時から。

6件のコメント

  • 敬天齋主人 :

    大事になってから突然、共述を変えた職員と青谷幸宏議員がやり取りしたラインを見て、当事者しか知り得ない、しかもかなり具体的なラインの内容になっていて、普通の感覚であれば賭け麻雀をしていたのは明白です。
    認めれば4人の市議は議員辞職に相当するから必死に抵抗するでしょうが、
      天知る、地知る、我知る、人知る
    だ。覚悟しろ!

  • タケシ :

    賭金のレートにもよると思います。1000円単位以下なら一般庶民でも行っているのではないでしょうか。山本さんが問題視しているのはレートが高額であったり日常的に行っているからでしょうか。コミュニティの記事には憶測報道が大変多いです。単に、関係者からの情報で・・・といっただけでなく、当事者(議会事務局長や議員)に直接取材しているのでしょうね。もし、していないのならその理由を明らかにして下さい。

    • たけ子 :

      問題になっているのは黒川検事長と同じく「緊急事態宣言期間中」という点だと思いますよ。

    • 山本裕 :

      誤解あるので、お答えします。これは、憶測でもなんでなく、議会で起きた出来事をそのまま書いているだけです。堺市議会のHPでも録画が公開されていますので、どうぞ、ご自身の目でご確認ください。
      これを憶測とおっしゃるのであれば、むしろ、職員1人だけの証言をもとに、なぜ実名を出してまで議会で質問する必要があったのか、大阪維新の池田克史市議にお尋ねください。(山本裕)

  • たけお :

    確かに、ほかにも『毎日新聞』が報じていますが、これも伝聞による憶測などではなく、事実を取り上げて伝えている報道姿勢は、『コミュニティ』紙におけるものと変わりないです。
    * 毎日新聞2020年6月9日 地方版「新型コロナ 堺市議ら8人、マージャンか 自粛要請期間中/大阪
    ”新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛要請が出ていた5月の連休中に、堺市議や職員ら8人が集まってマージャンをした疑いがあるとして、8日の市議会で、議会による調査を要望する声が上がった。池田克史市議(大阪維新の会)が、ローカル紙の報道などを元に、他会派の4市議の実名を挙げて調査を求めた。”

    * 毎日新聞2020年6月17日 地方版「マージャン疑惑で議員総会開催へ/大阪
    ”堺市議会の議会運営委員会は16日、議員総会を7月13日午前10時に開くことを決めた。緊急事態宣言中に市議4人や市の幹部職員が集まって賭けマージャンをしていたとして、調査を求める意見が出ていたことを受けたもの。”

    • 匿名 :

      ちなみに、毎日新聞の紙面上で固有名詞を伏せてある「ローカル紙」というのは、泉州日日新聞であって、泉北コミュニティではないよ!誤解のないように念のため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です