笑顔あふれるパフォーマンスで有名な音楽グループ「もんたった」が、3人での活動にいったん区切りをつける。3月7日1時半~3時半(1時開場)に赤坂台地域会館でファイナルコンサートを開く。無料。坂本九や洋楽、日本の歌メドレーなどを演奏する。

 バリトンとウッドベースの「もん」こと森岡政五郎さん、ソプラノの「たっ」こと谷敬子さん、ピアノの「た」こと武京子さんの3人のもんたった。それぞれが別々に音楽活動をしていたが、04年からもんたったを結成。クラシックからポピュラーソング・童謡まで幅広いジャンルの音楽、「おもちゃ箱をひっくり返したような」と評されるパフォーマンスで、満員の会場を魅了し続けてきた。また南区のイメージソング「みなみく・ダイスキダイスキ!」を作詞作曲した。

 深く響くバリトンボイスの森岡さん、オペラ出身の澄み切ったソプラノボイスの谷さん、ピアノや鍵盤ハーモニカを自在に操る武さん。合わせるのは難しい音域の幅を、武さんの編曲で美しいハーモニーにし、どんな曲も「もんたった風」にアレンジする。谷さんの楽しいおしゃべりとパフォーマンスで色付けしたコンサートは、地域のイベントや施設などでひっぱりだこだった。今後は、個人活動を3人それぞれで続ける。「思い出はつきませんが新たなスタートにワクワクしています」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です