堺市の人口統計によると4月1日現在、泉北ニュータウンの泉ヶ丘地区では、高齢者が子どもの3・4倍になった。

 泉ヶ丘地区(宮山台・若松台・竹城台・三原台・茶山台・高倉台・晴美台・槇塚台)の人口は、0~14歳の子どもが5811人、15~64歳の大人が2万9546人、65歳以上の高齢者が1万9808人で、合計5万5165人。南区全体の約40%を占める。

 構成比は子どもが10・5%、大人が53・6%、高齢者が35・9%。9・5人に1人が子どもで、2・8人に1人が高齢者。高齢者の割合は子どもの3・4倍。100歳以上が23人いる。平均年齢は49・7歳。  各街区で子どもの構成比が最も高いのは三原台で14・0%。高齢者が最も高いのは槇塚台で43・8%。

 南区の平均と比べ、構成比で子どもが1・2ポイント、大人が1・0ポイントそれぞれ低く、高齢者が2・1ポイント高い。平均年齢は0・7歳上回る。

栂地区は3.6倍も

 栂地区(桃山台・原山台・庭代台・御池台)の人口は、子どもが3502人、大人が1万7916人、高齢者が1万2479人で、合計3万3897人。南区全体の約24%になる。

 構成比は子どもが10・3%、大人が52・9%、高齢者が36・8%。2・7人に1人が高齢者で、子どもは9・7人に1人。高齢者は子どもの3・6倍になる。100歳以上は16人。平均年齢は50・3歳。

 各街区で子どもの構成比が最も高いのは御池台で11・4%。高齢者が最も高いのは庭代台で40・3%。

 南区の平均と比べ、構成比で子どもが1・4ポイント、大人が1・7ポイントそれぞれ低く、高齢者が3・0ポイント高い。平均年齢は1・3歳上回る。

光明池地区は3.1%

 光明池地区(赤坂台・新檜尾台・鴨谷台・城山台)の人口は、子どもが3386人、大人が1万6432人、高齢者が1万399人で、合計3万217人。南区全体の約21%になる。

 構成比は子どもが11・2%、大人が54・4%、高齢者が34・4%。2・9人に1人が高齢者で、8・9人に1人が子ども。高齢者は子どもの3・1倍。100歳以上は17人いる。平均年齢は49・1歳。

 各街区で子どもの構成比が最も高いのは城山台で12・8%。高齢者が最も高いのは赤坂台で39・6%。

 南区の平均と比べ、構成比で子どもが0・5ポイント、大人が0・2ポイントそれぞれ低く、高齢者が0・6ポイント高い。平均年齢は0・1歳上回る。

南区100歳以上71人

 南区全体では、子どもが8・5人に1人、高齢者が3・0人に1人の割合。100歳以上が71人いる。

 堺市の平均と比べ、構成比で子どもが1・0ポイント、大人が4・6ポイントそれぞれ低く、高齢者が5・7ポイント高い。平均年齢は2・7歳上回る。

 堺市全体では7・9人に1人が子ども。高齢者は3・6人に1人の割合で、子どもの2・2倍。100歳以上が394人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です