和泉市「ふれあい農の里」隣り 寺岸さんと両親

 自然に囲まれた眺望抜群の場所に、乗馬やふれあい体験と、馬の養老牧場「アヴニールファーム」が3月1日、オープンする。馬をこよなく愛するファミリーが経営する牧場で、和泉市仏並町のいずみふれあい農の里の隣に新設される。家族で楽しめる新たな観光の名所となりそうだ。

 多くの騎手などを輩出している馬の専門学校を卒業し、乗馬クラブでの実務経験がある寺岸美咲さんと両親の小田上彰さん、都美さんが開設。サラブレッド2頭とポニー2頭が出迎える約500坪の馬場で、乗馬体験やふれあい、餌やり体験などが楽しめる。敷地内はもちろん、外に出て大自然を楽しむ散歩コースも。初心者や小学生以下でも体験できるものから、ライセンス所有者のためのコースまでメニューは多彩。

 また、緑豊かな環境にあることから、競走馬を引退した馬や、乗用馬としての役割を全うした養老馬がゆっくり過ごせる場となるよう、預託も行っている。「お預かりした馬をスタッフが全力でお世話します」と、小田上さん。アヴニールとは、フランス語で希望・未来の意味。

 今後は、近隣農家とコラボして季節の果物や野菜の収穫体験とセットで1日満喫できるコース作りや、小学校や保育園の受け入れも考えている。

 料金は、ひき馬(ポニー)小学生以下700円、(サラブレッド)千円、大人(サラブレッド)1500円、外乗2千円など。税抜き。予約優先。  現在、「本紙を見て予約」した先着5人に限り、小学生以下の敷地内ひき馬10分無料サービス。予約はホームページhttps://avenirfarm.com/reserve/から(備考欄に本紙で予約と記載)。また、馬フンともみ殻をあわせた堆肥は無料で持ち帰りOK。営業時間冬場・9時〜4時。夏場・8時〜11時、3時〜6時。水曜定休。

 小田上さん090・6234・5446

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です