熟年バンドとして泉北を拠点に活躍中の「ENくれ~じ~どっぐす」は、竹城台にある喫茶&レンタルスペース「はっぴいえんど」に集まった縁(EN)から生まれた。メンバーは、ド ラムの我妻勉さん(和田東)、ベースの丸山雅章さん(原山台)、ボーカルの中辻律子さん(竹城台)、ピアノの坂田勢津子さん(同)、クラリネットの河村美保子さん(北区金岡町)の5人。

 アロージャズオーケストラのテナーサックス奏者・宮哲之さんから指導を受け、オールドジャズやオリジナル曲などを練習。光明池まつり、和泉の国ジャズストリートなど様々なイベントで活躍してきた。18年には助っ人メンバーとして宮さん、そしてコーラスの天羽貴美子さん(高倉台)と吉田久美子さん(竹城台)が加わり、CD制作にも取り組んだ。

 今年2月20日、梅田で行われた読売新聞の「わいず倶楽部文化祭けいおん♪発表会」に出演。3月2日付 の同新聞紙面で紹介された。その後は新型コロナウイル ス感染拡大のため練習自粛、予定していたイベントの中止連絡も入ってきた。緊急事態宣言が解除され、6月 から久しぶりに練習を再開。まず一歩踏み出せたことを喜び、次のステージを心待ちにしている。はっぴいえんど072・296・0029

写真はCD制作メンバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です