メンバー募集

 泉北と狭山で活動する小中学生サッカーチーム「JSC SAKAI」が、1月25日~2月2日に行われた「三井のリハウス第26回大阪小学生サッカー大会(U−11)中央大会」で準優勝に輝いた。約350チームが参加し、地区予選を勝ち抜いた48チームがトーナメント方式で争った。

 同チームは13年に発足、全国大会に出場するなど好成績を収め続けている。チームのスローガン「青く燃えろ」のとおり、気持ちは熱く、冷静に戦うように指導している藤田大輔監督。「普段のドリブル中心の練習の成果が発揮できた」と。

 今回は5年生16人が一丸となって戦いに挑んだ。メンバーの一人が鼻を骨折しても再出場し逆転ゴールを決めたり、PK戦でゴールキーパーが活躍したり、出場できなかった選手と共にゴールを喜んだりと、試合ごとにドラマがあった。決勝戦では強豪チームセレッソ大阪と対戦し、0対3で惜しくも敗れた。前半2回ゴールを決めるチャンスがあったが、得点につながらなかった。「準優勝は、メンバーと保護者やスタッフなど全員の協力のたまものです」と藤田さん。

 次は、この大会で出場することになった「フジパンカップ第26回関西小学生サッカー大会」に向け、更に練習に熱が入っている。メンバー募集。072・349・6968、jsc.sakai@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です