富田林と狭山では小中生の給食無料も

 新型コロナウイルス感染症拡大による経済的負担を支援するため、大阪狭山市・富田林市・河内長野市では独自の支援事業を策定し、作業を進めている。

 おもな支援事業として5月時点で、

大阪狭山市

 買い物代行支援。市民が買い物代行サービス(大阪第一交通)を利用する場合、1回あたり1千円を補助する。期間は7月末まで。

 上下水道料金の減額。7月から8月までの検針分の上水道料金と下水道使用料の基本料金を50%減額する。一般家庭の場合、上下水道分で2か月あたり約1900円の減額となる。

 休業要請支援金の支給。府の要請対象事業者のうち基準に合わなかった中小企業に20万円、個人事業主に10万円支給する。

 ひとり親世帯への特別給付金支給。一定所得以下のひとり親世帯で、児童扶養手当を支給している世帯に対し、1回限り1世帯に3万円支給する。430世帯が対象で、支給時期は7月10日頃の予定。

 給食費の無償化。小・中学校再開後の2か月分の給食費を無料にする。小学生約3200人、中学生約1560人が対象。また、私立保育園・認定こども園、市立幼稚園・こども園に通う3歳児から5歳児の給食代(副食費)を無償にする。4月から7月の4か月間分。  

富田林市

 水道料金の減額。一般家庭約5万世帯と企業約800件の水道基本料金を50%減額する。7月検針分から4か月間。

 緊急特別給付金。児童扶養手当を受給する1260世帯に、1回限り1世帯あたり5万円を支給する。  給食費の無償化。市立小学校16校で再開後3か月間無料に。約5千人が対象。

河内長野市

 水道料金の減額。基本料金を6月検針分から4か月間、50%減額する。一般家庭で2か月あたり約650円の減額。

 休業要請事業者への支援。府の支援金の交付を受けておらず、4月ないし5月の売上高が前年比50%以上減少した事業者が対象。中小企業に25万円、個人事業主(フリーランス含む)に10万円支給する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です