近畿大学医学部免疫学教室教授の宮澤正顯さんが、新型コロナウイルスについて自身のSNSで発信している内容が大変わかりやすいと評判。同大では詳しく解説した動画をホームページ「Kindai Picks」で公開している。宮澤さんによると、新型コロナウイルスについては、わかっていることも多いという。

 例えば、空気感染の可能性はほぼない。空気感染で知られる麻疹ウイルスほど、ひとつの感染細胞からウイルス粒子がたくさん出てくることがないためだ。また、ウイルス粒子は油の膜を被っているので、油を溶かす消毒用アルコールやハンドソープなどで簡単に破壊することができる。

 大切なのは、感染の可能性がある人は出歩かないこと。そして感染を広げないためにも、自分は感染者であると思い、周囲の人たちを守るためにマスクを着用することだ。

 宮澤さんは、「根拠のない情報に振り回され、いたずらに恐れるのではなく、実証された情報に基づく専門家の話に耳を傾けてほしい」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です