1月11日に寺内町で開催された「第12回新春初鍋めぐり」で、初芝富田林中学・高校の生徒会が本部でボランティアに参加した。

 暖かい陽気で多くの家族連れなどでにぎわい、20種以上の鍋やスイーツは早々に完売するものも。スタンプラリーでは、3か所巡ってスタンプを押してもらうと抽選に参加でき、生徒らは本部に設けられた抽選会場の手伝いをした。

 同校の生徒会は昨年9月に発足したばかりで、今回が初の校外での活動。中学・高校の生徒会の役員ら13人が参加し、地図を配ったり抽選を行ったりした。

 今後も「地域に開かれた学校」を目指し、機会があれば積極的にボランティアなどにも参加していきたいという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です