富田林市と河内長野市、大阪狭山市の20年度当初予算が決まった。

富田林市

 一般会計は2・9%増の427億8300万円。全会計分は788億764万円。
 主な事業は、待機児童の解消に向けた認可保育所整備補助2億7600万円▷富田林病院建て替え事業補助24億9600万円▷市制施行70周年記念事業1700万円▷小・中学生1人1台学習用タブレットなど1億6700万円▷庁舎整備基本計画策定857万円。

南医療センターへ 保健施設を集約 河内長野市

 一般会計は5・2%増の356億7400万円。全会計分は717億5200万円。
 主な事業は、マンホールトイレ整備2274万円▷消防車両更新6550万円▷大阪南医療センターへの保健・医療施設の機能集約7億1531万円▷幼児期から異文化に触れる機会を提供する英語村構想715万円▷南花台団地再生モデル事業の推進4560万円。

保育園建て替え  大阪狭山市

 一般会計は2・6%増の205億1600万円。全会計分は376億5600万円。
 主な事業は、コミュニティセンター空調機器改修など5180万円▷きらり保育園建て替えなどの補助3億5560万円▷高機能消防指令センター整備825万円▷東小学校に英会話や書道教室の増設などさやま元気っこ事業836万円▷水とみどりのネットワーク事業1923万円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です