富田林市の庁舎整備に関するアンケート調査で、利用しやすく、オープンなカフェスペースのある庁舎を望む回答が多かった。

 庁舎整備の方針やあり方として、「すべての人にわかりやすく、利用しやすい」が全回答数の29・4%で最も多く、次いで「防災拠点として災害に強く安全」が25・6%だった。

 必要な基本的機能・役割では「手続きのしやすい窓口機能」が20・3%、「防災拠点機能」が17・3%。

 付加的な機能・スペースとして望むものは「市民が気軽に利用できるオープンなカフェスペース」が全回答数の19・1%で最も多かった。次いで「イベントや集会に利用できる多目的スペース」が15・9%。

 市はこれらの意見や要望を参考に、10月までに整備基本計画をまとめる方向で作業を進めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です