金剛銀座街商店街に、高さ3メートルほどのペットボトルツリーが登場した。

 ツリーは、使用済みペットボトル500本以上とLEDライトを組み合わせて制作。

 ペットボトルは、寺池台こども園・青葉丘幼稚園・菊水保育園など、金剛地区の16の保育園・幼稚園らの年中・年長園児が作成。それぞれに色テープやマジック・毛糸などで個性豊にデコレーションし、作成した園児の名前が入っている。

 色鮮やかに輝くツリーは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となった「金剛きらめきイルミネーション」に代わり、金剛地区に元気の明かりを灯す光となっている。1月17日まで。


あなたにおすすめの記事