平均年齢52・3歳 高齢者は子どもの4倍

 狭山ニュータウン(西山台・大野台)では19年12月末現在、65歳以上の高齢者が2・5人に1人で、子どもの4倍になった。河内長野市の千代田台では高齢者が子どもの5・7倍に。

 狭山ニュータウンの人口は前年より95人(0・6%)減少し1万5046人。市の人口の約25%を占める。

 0〜14歳の子どもが9人(0・6%)増えて1492人、15〜64歳の大人が116人(1・5%)減って7599人、65歳以上の高齢者が12人(0・2%)増えて5955人。100歳以上が11人いる。75歳以上の後期高齢者が3335人で、市全体の約40%に。

 構成率は子どもが0・1%増えて9・9%、大人が0・4%減って50・5%、高齢者が0・3%増えて39・6%。平均年齢は52・3歳で0・3歳上がった。2・5人に1人が高齢者になり、子どもは10・1人に1人の割合。

 市の平均と比べ、子どもが4・0ポイント、大人が8・2ポイントそれぞれ低く、高齢者が12・2ポイント高い。平均年齢は6・6歳上回る。

 街区別で西山台は人口が169人(2・1%)減少して7889人。子どもが24人(3・0%)減り765人、大人が153人(3・7%)減り3996人。高齢者が8人(0・3%)増えて3128人。平均年齢は0・6歳上昇した。

 大野台の人口は74人(1・0%)増加し7157人。子どもが33人(4・8%)増えて727人、大人が37人(1・0%)増えて3603人、高齢者が4人(0・1%)増えて2827人。平均年齢は0・1歳下がった。

 調査9地区で人口増は、大野台74人、今熊7丁目2人、池尻自由丘46人の3地区。子どもの増加は大野台33人、池尻中17人、池尻自由丘4人。

 市全体では人口が199人(0・3%)増加し5万8746人。子どもが74人(0・9%)、高齢者が275人(1・7%)それぞれ増加し、大人が150人(0・4%)減少した。

千代田台の高齢者数は子どもの5.7倍に

 河内長野市の千代田台では人口が55人(3・0%)減少。子どもが11人(7・0%)、大人が51人(5・9%)減り、高齢者が7人(0・8%)増えた。

 平均年齢は1・0歳上昇し、2・1人に1人が高齢者に。子どもは12・2人に1人の割合で、高齢者が子どもの5・7倍になった。

 北貴望ケ丘では子どもが10人(7・5%)、大人が65人(8・2%)、高齢者が17人(2・5%)それぞれ減少。合計95人(5・8%)減って1501人に。

 平均年齢は1・1歳上昇。高齢者が2・3人に1人、子どもが12・0人に1人の割合。高齢者が子どもの5・2倍になる。

 市全体では人口が1362人(1・3%)減少し10万4562人。子どもが385人(3・5%)、大人が1424人(2・4%)減り、高齢者が447人(1・3%)増えた。平均年齢は0・5歳上昇。2・9人に1人が高齢者で、子どもが9・7人に1人に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です