久野喜台小前も2.1%増 狭山タウン・金剛東横ばい

堺東・中もず15%超

 国税庁が7月1日公表した2020年の路線価によると、金剛駅前と大阪狭山市駅前、金剛団地の久野喜台小学校前が昨年より上昇。狭山タウンと金剛東地区は昨年と同じ水準だった。10年前(2011年)と比べ、金剛東地区では約2~4%下落した。

 金剛駅前は昨年3・6%上昇し、今年も3・4%アップして15万円(1㎡当たり、以下同じ)に。大阪狭山市駅前は、昨年の3・2%に続き今年も2・0%上昇し、10万円になった。

 狭山タウンの大野台2丁目・関西みらい銀行(旧近畿大阪銀行)前は昨年と同じ水準。西山台3丁目・南第一小学校前は昨年3・9%下落したが、今年は増減がなかった。

 金剛団地の寺池台1丁目・金剛モール前は昨年と同じ水準。久野喜台1丁目・久野喜台小学校前は2・1%上昇し9・9万円。

 金剛東の向陽台3丁目・エコールロゼ前、藤沢台2丁目・藤沢台小学校前、小金台3丁目・小金台小学校前は、いずれも増減がない。

 千代田駅前・西友前は昨年と同じ15・5万円。千代田台町・千代田台保育所前は昨年同様1・4%下落。

 その他主要駅では、富田林駅前が3・8%、河内長野駅前が3・4%上昇し、それぞれ13・5万円と15万円になった。

 10年前と比べ、金剛駅前は20・0%(2・5万円)、大阪狭山市駅前は1・0%(0・1万円)上昇し、西山台3丁目が14・0%(1・2万円)下落した。大野台2丁目は3・1%(0・3万円)アップした。

 金剛団地では2・1%(0・2…円)~5・0%(0・5万円)上昇。金剛東地区では2・4%(0・2万円)~4・3%(0・5万円)下落した。

 富田林駅前は3・8%(0・5万円)上昇し、河内長野駅前は同じ水準。千代田駅前は3・1%(0・5万円)下落した。

路線価…道路に面した土地の1平方メートル当たりの評価額。相続税や贈与税の算定基準になる。1月1日時点で前年1年間の地価の動きを踏まえ、公示地価の8割程度に国税庁が算出。税務署で閲覧可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です