金剛東平均年齢45.7歳 高齢者は3.8人に1人

子どもは7.6人に1人

 富田林市の金剛地区では19年12月末現在、65歳以上の高齢者が約37%を占め、子どもの4倍になった。

 寺池台・久野喜台・高辺台の金剛地区の人口は1万6131人で、前年より0・9%(144人)減少し、市全体の人口の14・5%。0〜14歳の子どもが1491人、15〜64歳の大人が8636人、65歳以上の高齢者が6004人。100歳以上が10人いる。

 構成比は子どもが0・1%増えて9・2%、大人が横ばいで53・6%、高齢者が0・1%減って37・2%。平均年齢が0・1歳上がって51・6歳に。2・7人に1人が高齢者で、子どもが10・9人に1人。

 市の平均と比べ、子どもが2・0ポイント、大人が5・3ポイント少なく、高齢者が7・3ポイント多い。平均年齢は3・7歳高い。

 金剛東(藤沢台・向陽台)の人口は1万2405人。前年より0・5%(60人)増加。市全体の11・2%。 子どもが1633人、大人が7543人、高齢者が3229人で、100歳以上が11人いる。

 構成比は子どもが0・3%増えて13・2%、大人が1・2%減って60・8%、高齢者が0・9%増えて26・0%。平均年齢が0・4歳上がって45・7歳に。3・8人に1人が高齢者で、子どもは7・6人に1人。  市の平均と比べ、子どもが2・0ポイント、大人が1・9ポイント多く、高齢者が3・9ポイント少ない。平均年齢は2・2歳低い。

 津々山台・小金台地区の人口は6763人で、前年より2%(138人)減少した。市全体の人口の6・1%になる。子どもが833人、大人が4413人、高齢者が1517人で、100歳以上が2人いる。

 構成比は子どもが0・4%減って12・3%、大人が1・4%減って65・3%、高齢者が1・8%増えて22・4%。平均年齢が1・1歳上がって45・0歳。4・5人に1人が高齢者で、子どもが8・1人に1人。

 市の平均と比べ、子どもが1・1ポイント、大人が6・4ポイントそれぞれ多く、高齢者が7・5ポイント少ない。平均年齢は2・9歳低い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です