14日〜5月10日10時〜5時、狭山池博物館特別展示室で、令和2年春季企画展「土木遺産展/関西のトンネルめぐり」が開催される。

 明治以降の関西の代表的なトンネルを取り上げ、施工方法や坑口の形状などの変遷を通じて、日本におけるトンネルの歴史や、技術の進歩の足跡を、図面と写真で分かりやすく展示・解説。

 普段は見ることのできない「化粧木」のパネルや、各地トンネルの「貫通石」、鉄道遺産である旧北陸線トンネル群の「トンネルカード」なども展示。入場無料。狭山池博物館072・367・8891

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です