オレオレ詐欺の現行犯捕まる

 南堺署は、5月27日、オレオレ詐欺の、受け子(現金の受け取り役)24歳の男と、張り子(見張り役)34歳の男を逮捕した。

 26日夜、南区の70代男性宅に、長男をかたる男から「風邪をひいている。明日病院に行く」と電話があった。心配した母親が、実の長男に電話をかけ直すと話が違ったため、詐欺だと気付いた。翌朝、また男から電話がかかってきたため通報。だまされたふり作戦を開始した。

 男は「友人と株に投資してだまされた。友人に500万円借りたが会社のお金だった。社長にばれて、待ってくれると言われたが、監査が入るため示談金200万円が必要で貸してほしい。金曜日に金は返ってくる」と言った。「200万円用意する」と答えると、昼過ぎ、男はまた電話で「今から先方に示談しに行く。先方の最寄り駅(大阪市内)まで来てほしい」と言った。

 指定場所に行くと、法律事務所の○○と名乗る男が現れ、母親に携帯電話を渡し、電話口に出た息子をかたる男が「この人にお金を渡してほしい」と言った。母親が擬装紙幣入りの紙袋を男に手渡したのを警察官が確認し、男を現行犯逮捕した。

 また、周囲にいた張り子と思われる男に職務質問。南堺署まで任意同行の後、通常逮捕した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です