1月17日昼、槇塚台1丁の団地で、70代女性宅に上下黒スーツの女が訪問。「いらないものはありませんか。着物を見せてもらえませんか」などと言った。

 玄関先で貴金属の入った箱を見せ、少し席を外して戻ると女は帰り、違和感を覚えた女性が箱の中を調べると、ネックレス2本、指輪2個(合計14万円相当)がなくなっていた。女は30歳位、身長170センチ位で細身、肩までの黒髪。

 12月12日には、竹城台で同様の事件があった。本紙1月24日号に掲載。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です