南海の中百舌鳥駅に関して、乗り換え時の歩く距離の短縮等が議論されていますが、これは大きな問題ではないと思います。本来の問題は中百舌鳥や三国ヶ丘に停車しない区間急行です。初めて導入されたのは御堂筋線が中百舌鳥まで延伸された時かと記憶していますが、準急を減らしてこれらの駅に停車しない区間急行を導入し、中百舌鳥や三国ヶ丘で乗客が地下鉄やJRに流れるのを防ごうとするものです。乗客の利便性を無視した姑息なやり方です。乗り換えのために歩く距離の短縮などより区間急行の廃止の方が重要かと思います。これは改修工事等のコストがかかりませんしすぐに実施可能です。区間急行は中百舌鳥ー堺東間は徐行運転が多く大阪市内への所要時間は準急に比べて有意差はありません。利益も大事ですが乗客の利便性を第一に考えるのが公共交通機関のあるべき姿かと思います。

 

#中百舌鳥駅 #改修 #南海高野線 #大阪メトロ #OsakaMetro

あなたにおすすめの記事