9月10日=泉北1号線の狭山から上野芝方面の合流付近でここ1か月の間に5回ほど事故(横転が多い)が起きています。狭山方面からの車と”泉ヶ丘メモリあるホール”からくる側道の車とで起こっている事が多いです。
わたしは事故現場がよく見えるところに住んでおり、先日は朝の2時間くらいの間に2回も事故がありました。原因が何か、警察の対策をしているようであればそれを調べてみてほしいです--と電話で。

◎読者様からの事故多発の情報について南堺署交通課に伺いました。「合流部は確かにカーブになっており危険ではあるため、道路形状が原因ではないか。対応としては、スピード抑止呼びかけ、ポストコーンを立てるなどしているが、この場所に限らず、事故多発の時間帯に、パトカーでレッド警戒(赤いランプ点灯してまわる)や、主要交差点での警戒、スピード抑止対策をしている。道路形状についてはご意見として伺っておきます」とのことでした。(記者・松林)

あなたにおすすめの記事