帝塚山学院大学リベラルアーツ学部韓国語韓国文化専攻のイム・ヒョンス准教授のゼミ生らが12月6日、はるみ小学校3年生との交流授業に参加した。同大学は21年4月から晴美台へ移転しているため、両校は道を挟んで向かい合う。

 今回の交流は、3年生の国語科教科書に取り上げられている韓国の民話「3年とうげ」の学習にあたり〝韓国の文化を知る・触れる〞をテーマに行われた。韓国ドラマに登場する「ムグンファコチピオスムニダ」(だるまさんが転んだ)をして体を動かした後、グループに分かれて韓国の伝統的な遊びを順に体験した。サイコロの役目をする4本の「ユッ」を使う〝ユンノリ〞という遊びが人気で、大学生の説明に熱心に耳を傾けていた。

 「おおぜいの小学生に囲まれて、パワフルさにびっくりです」「楽しんでもらえたみたいで、うれしいです」と大学生ら。最後に小学生一人ひとりの名前を、ハングル文字で書いたシートをプレゼントし、交流授業を締めくくった。

#堺市南区 #交流授業

あなたにおすすめの記事