和泉市役所から離れている光明台でも住民票や印鑑証明など各種証明交付が取得できる「光明台サービスセンター」。近年のデジタル化に伴い、来年3月末で職員の配置を終了し自動化されることになった。4月からは、今サービスセンターがある近隣施設内に「自動交付機」を新設。地域の証明交付機能を自動化していく。和泉市内に設置されている3か所のサービスセンター(光明台、南部、北部)が対象だ。

 同市の、今後のまちづくりの取り組みと、それを進める「和泉創発プラン(2020年3月策定)」に基づき、マイナンバーカードがあれば、コンビニエンスストアなどで各種証明書を取得できるなど、多様な証明交付サービスが可能となっている現状を踏まえ、財政健全化の一環としてサービスセンターの見直しが決まったもの。

 現在、コンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機と同種の機械で、マイナンバーカードを用いて・住民票・戸籍謄本(抄本)・戸籍の附票・印鑑証明書・所得(課税)証明書が取得できる。

 また、同市ではスマートフォンとマイナンバーカードで交付申請を行い、自宅に証明書が郵送される「電子申請」について、取得できる証明書の種類を11 月から拡充(現在は住民票のみ)する予定。

 来年4月からは、「郵送請求セット」を用意。「ワンストップ」で各種証明書の郵送請求を完了することができるシステムをスタートさせる。

#和泉市  #光明台サービスセンター #証明書交付 #自動化 #和泉創発プラン #マイナンバーカード

あなたにおすすめの記事