酒気帯び運転で

 1月4日夕方、いぶき野5丁目の交差点で、50代の男性医師が酒気帯びの状態で車を運転し、同交差点を右折しようとした際に中央分離帯に乗り上げ、対向車線で信号待ちの車2台に衝突、乗用車を運転していた40代女性の右腕に軽傷を負わせたにもかかわらずその場から逃走。

 約1時間後、和泉署に出頭し逮捕された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です